2018年、今年の春M3は開催20周年!

モリサキの個人サークル「Clumsy Fellow」は

新作を携えて一年ぶりの復帰となるほか、

所属団体様1作品、外部企画様4作品の

計6作品に出演、又は制作側で関わらせて

いただいております。

 

 

『Automatic Rondo』

 

製作元:GarnetGarden様

出展スペース:第一展示場F-09a

 

今回、初めて出演させていただく事となった

GarnetGarden様の新作ボイスドラマ

『Automatic Rondo』。

アンドロイドの手により両親を傷つけられた

少女ノゾミと、彼女が偶然拾い上げた

戦闘用アンドロイド・アカツキを軸に動くこの物語は、アンドロイドに対する世間の評価が大きく

二分されている中で展開し、ノゾミ自身もまた

自分にとってのアンドロイドの意義を問いながら

戦い続けていくことになります。

モリサキが演じさせていただいたのは

そのノゾミの父、ハルカ。家族に弄られる

優しいパパであり、理想に燃える研究者。

そしてこのお話のきっかけを成す

重要人物でもあります。

彼が登場するシーンは短めですが、それ以上に大きな

意味合いを持つ存在である事を意識しながら演じ、

とてもやり甲斐のある役どころでした。

この他、エキストラでも数箇所で出演しております。

 

『Automatic Rondo』企画サイト

GarnetGarden様サークルサイト

 

 

『カメレオン古書店の探偵』

製作元:いろはカルタ様

出展スペース:第一展示場D-06a

 

Web公開作品等でもお世話になったいろはカルタ様、

今回の新作は探偵ものの長編ボイスドラマです!

寂れた商店街で古書店を営む男、小池が偶然現れた

謎多きバックパッカーの少年、サトシと出会って元々やりたかった

探偵業に精を出し始めたところから始まるこの物語。

モリサキは商店街の一角に軒を構える喫茶店の

マスター・堀慎一郎役で出演しております。

気弱で温厚、妻の尻に敷かれっぱなしな彼ですが、

そんな彼の家族模様にも注目すると、よりこのお話を

深いところで楽しめるかもしれません。

先述の『Automatic Rondo』とは色々な面でがらりと

異なる父親役ですので、その違いにも是非注目です。

 

『カメレオン古書店の探偵』企画サイト

いろはカルタ様サークルサイト

 

 『The Majestic Rose』

製作元:AKITOLET様

出展スペース:第一展示場E-15a,b

 

近年とみに演者としてお世話になっている

AKITOLET様。今回の春M3新作となる

『The Majestic Rose』はダークファンタジー、

「美女と野獣」の童話モチーフと言うAKITOLET様の

伝統が受け継がれた作品でありながら、

一方ではこれまでにない元気印のヒロインが物語を

ぐいぐいと突き動かすコミカルな作品でもあります。

ストーリーの軸になるのは旧スウェーデン領の統治者であったバリバール家の居城に住まう王家三兄妹の次男・ロランとひょんなことから

この城に導かれた天真爛漫な貴族の娘・ジャンヌ。

モリサキはロランに仕えるお付きのアンティークの

一人、時計番の青年マルコで出演させていただきます。

見た目にはスマートな紳士というべき彼ですが、

なにやら不思議な性癖もあるようで…?

今までのAKITOLET様ファンの方でも、

初めて聴かれる方でも楽しめる要素が

沢山詰まった作品です!

『The Majestic Rose』企画特設サイト

 

 

 『強盗童話BBB』

製作元:takt.様

出展スペース:第一展示場E-08a

 

Web小説として『カクヨム』様に連載され、昨年の

初夏に完結を迎えた冬春夏秋様原作の『強盗童話』。

それぞれの目的で世界をまたにかける

「ミリオンダラー」こと「劇場型犯罪者」たちと、

彼らを狙い、また時には手を取り合う事もある

「カラーズ」こと「賞金稼ぎ」達、更にはその闘いの

渦に巻き込まれていった人々を含めて展開する

スピード感と個性に溢れたキャラクターが魅力の

この作品が、冬春様自らの書き下ろしで

ボイスドラマ化されました!

モリサキはミリオンダラーの一角を占める「OZ」の

武骨な「壊し屋」こと、スズとして出演させて

いただきました。本編では寡黙な彼ですが、

今回は意外な一面を見せるかも…?

彼のアイデンティティの一つともいえる「口調」も、

その背景を考えながら演じるにあたりこだわった

ポイントです。

 

『強盗童話BBB』企画特設サイト

 

 

『ばわなに大感射災・2018春の陣」

製作元:音声劇団ばなわに!

出展スペース:第一展示場E-03a,b

 

昨年の暮れ頃から所属させていただいている

音声劇団ばなわに!は今年、復活した

「大○○シリーズ」を掲げて一年ぶりにM3へ帰還!

ちょっと過激なジョークやブラックユーモアのある

超短編を揃えた無料頒布のオムニバスCDという

伝統を持つこのシリーズ、復活した今回も多数の

脚本家さん、ボイスコさんのお力添えのもと、

相当に飛ばしたテイストの作品となっております。

モリサキはそのうちの1つ「るかっとみー」に

出演させていただきました。

この作品も、今回のM3ではよく見ると多い

「童話」が元になった物語なのですが、

ばなわに流の童話の扱い方とは果たして…?!

気になった方は是非、

お気軽に手に取ってみてくださいませ!

音声劇団ばなわに!ブログ内作品紹介記事はこちら


※作品タイトルに一部誤字があった為訂正致しました。大変失礼いたしました…!

 

 

『ペディとシェンヌ Chapitre.2 ~

 空色の劇場と桃色の靴~』

製作元:Clumsy Fellow

出展スペース:第一展示場E-08b

 

モリサキ自身が運営する個人サークル

Clumsy Fellowも、一年ぶりの新作を携えて

M3に帰ってまいります!

昨年春M3で頒布した「ペディとシェンヌ」の続編に

あたるこの作品では小さな劇場を舞台に、

ペディ、シェンヌの二人が初めて外で仕事をする

一幕が描かれます。今回のシェンヌは前回以上の

ドジっぷりとマイペースぶりで、劇場に携わる人々も

巻き込んでの大騒ぎに…?!今回新登場となる

キャラクターたちの活躍にも是非注目です。

モリサキは前回に引き続き原案、脚本、編集を

担当しているほかエンドロールのナレーションも

担当させていただきました。

 

『ペディとシェンヌ』シリーズ企画サイト

 

 

 

今回は以上にて外部企画様への出演、及び時サークル、所属サークル作品のお手伝いと企画をさせていただいております。今回は名義が「モリサキタテワキ」となって以来、初めてのM3でもあります。当日は併記されたスペース番号を目印に、宜しければ是非お手に取ってみて下さいませ!

 

2018年4月23日
モリサキタテワキ